ブログ

シャンプーで皮膚治療。

みなさんこんにちは!看護師の迫田です!

いよいよ夏本番!という感じになってきました!!!!

先日、偶然ひまわり畑に遭遇しました!!

太陽に向かって咲くひまわりを見てとても元気が出ました!!!!

このほかに海にお祭りに花火にBBQ…夏生まれの私は

わくわくしております(p’v`q◆)♪

さて、先週当院で院内セミナーを行いました✏️

内容は、シャンプー療法についてです。

わんちゃんの病気の中で高い割合を占めるのが皮膚病です。

もちろん飲み薬での治療もありますが、

シャンプー療法は有効成分を直接皮膚に

届けることができ、お薬を飲むより副作用の少ない

安全で有効な治療法なのです?

だからといってどんなシャンプーを使ってよい

というわけではありません!

その子の皮膚の病状・体質に合わせたシャンプーを

使わなければ治療の意味がありません?

そこで!ここでは3つの皮膚病に適した

シャンプーの効果についてお話したいと思います(`・ω・´)ノ?

アトピー性の皮膚炎

アトピーは花粉やハウスダストマイトなどの

微小な異物に対して体が過敏に反応してしまう病気です。

そんなアトピー性の皮膚炎の子のシャンプーには

以下の効果があります。

皮膚の洗浄・・・皮膚への刺激となる異物を洗い流す

痒みを和らげる・・・炎症反応を起こす物質の放出を抑制、皮膚への微生物の定着を阻止

皮膚バリア機能の修復・・・異物の侵入を阻止

皮膚の保湿・・・乾燥した皮膚は異物が侵入しやすい

脂漏症

皮脂の分泌が多くベタベタしている状態や

逆に皮脂の分泌が少なく乾燥しフケが出たりする状態のことです。

そんな脂漏症の子のシャンプーには以下の効果があります。

皮膚の洗浄・・・皮脂やフケを洗い流す

ターンオーバーの調節・・・ターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)が早いとフケが多くなるので調節する

微生物の定着阻止・・マラセチアという酵母菌や細菌が繁殖することがあるので、それらが皮膚へ定着するのを阻止する

痒みを和らげる・・・炎症反応を引き起こす物質の放出の抑制もする

皮膚の保湿・・・過度な乾燥を防ぎ皮膚バリアを守るため保湿する

膿皮症

皮膚で細菌(ブドウ球菌など)が免疫の低下や

皮膚のバリアの低下によって異常に繁殖し

炎症や化膿したりする病気です。

この病気は重症度にもよりますが飲み薬(抗菌剤)と

シャンプーで治療するとより効果的です。

シャンプーには以下の効果があります。

皮膚の洗浄・・・フケや汚れ・皮脂を洗い流す

抗菌作用・・・菌の繁殖を抑え衛生的にする

これらのようにそれぞれの皮膚病に適したシャンプーがあります。

当院にも様々な種類のシャンプーをご用意しております!

まずは病院で診断し適切なシャンプーを使って

わんちゃん・ねこちゃんが痒みのない

快適な生活が送れるようにしましょう(´ー`*)?

さらに暑い日が続きます?

皆さん熱中症にはお気をつけください

わんちゃん・ねこちゃんの熱中症については

以前こちらのブログに書いたので

ぜひご参考にされてください!!!!

皮膚病、シャンプー療法のことなら福岡市の室見動物病院まで

室見動物病院

TAGタグ