一般内科

一般内科

 動物は言葉を話すことができないため、飼い主さまのお話と動物の状態から異常を探していきます。
 当院では丁寧な視診・触診・聴診で原因を見つけ出し、検査や治療について飼い主さまに分かりやすくお伝えして、一緒に治療を進めていくことを心がけています。
 また、予防接種・健康診断・避妊去勢手術などの予防医療のほか、初めて動物を飼われる方への飼い方やフードに関するご相談も行なっています。
 病気の早期発見には、小さなサインも逃さないことが肝心です。当院のスタッフは各科専門医より定期指導を受け、より多くの知識・より良い治療を、少しでも早く取り入れられるように日々努力しております。体全体をしっかり診てあげることができる病院として、動物達の健康を守ります。

一般内科でよく診る病気について

皮膚科

ノミ・マダニの予防

 皮膚や耳の痒み、フケ、薄毛、皮膚のできものなど、皮膚病の治療を行っています。
  皮膚トラブルの原因は幅広く、最近増えているアトピーやアレルギーの他、内臓病、関節疾患に伴う場合があります。
 犬種や猫種・年齢・経過から総合的に原因を特定し、最適な治療を行なっていきます。
 治療方法には、薬・生活様式の変更・食事の変更・スキンケアなどがあり、その子ごとに治療法が変わってくることもあります。少しでも辛い痒みから解放してあげられるよう、ご家族様と一緒に治療を進めていきます。

眼科

 充血や眼が開かない場合は、わんちゃんねこちゃんが眼に痛みを感じている場合があります。眼の病気は失明につながる危険もあるため、早急な対応が必要です。
  各種の眼科検査(神経眼科学的検査・涙液量検査・細隙灯検査・眼底検査・眼圧検査・眼科超音波検査・角膜染色・スワブ検査など)を行うことが可能です。 難治症例やセカンドオピニオンなど提携病院にご紹介いたします。

循環器科

 わんちゃんでは弁膜症、ねこちゃんでは心筋症が多く認められます。その症状として、咳や呼吸困難があります。これらの症状が出ている子は、すでに病状がかなり悪化していることが多いため早めの受診が必要です。
  心臓病の治療で大切なことは、症状が出る前に治療を始める事です。そのために、定期的な聴診による早期発見・心臓病の種類の特定をした上で、正しい治療を行うことが大切です。
  当院では、聴診、血圧検査、心電図検査、レントゲン検査、心臓超音波検査を用いて診断します。 また、特に多い「僧帽弁閉鎖不全症」については、アメリカ獣医内科学会(ACVIM)が定めるガイドラインに沿って、治療の進行度・お薬を飲み始めるタイミング・種類を決定します。
 わんちゃん、ねこちゃんが少しでも長く楽しい生活が送れるよう、飼い主さまと相談しながら治療方針を決定します。

呼吸器科

 わんちゃんの咳は、何か喉に詰まっているような動作をとります。わんちゃんでは、気管支炎(ケンネルコフ)が多く、重症化すると肺炎になります。 早期治療が大切になります。中年齢以降のわんちゃんでは、気管虚脱による咳がみられることが多くあります。
  ねこちゃんでは、ヘルペスウイルスやカリシウイルスによる風邪症状(くしゃみ、鼻水)が多く見られます。

内分泌科

 内分泌疾患とは、ホルモンの病気のことを言います。代表的なものに、糖尿病・クッシング病・甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症(猫)があります。
 水をたくさん飲む、よくご飯は食べるけど体重が減ってきた、左右対称に薄毛が広がってきたなどの症状がある場合は、一度血液検査をお勧めします。

消化器科

消化器科

 「便がゆるい」「下痢している」「何度も吐いている」などの症状を指します。嘔吐や下痢の原因は、胃腸炎・寄生虫・誤飲・悪性腫瘍と様々です。最近は、慢性腸症(食事反応性腸症など)・リンパ管拡張症の子も多く見られます。問診や一般身体検査、状態や症状によって、血液検査・腹部超音波検査などを行い、原因を特定します。
 また、わんちゃんやねこちゃんともに、ヒモや石などを好んで食べてしまう子がいます。 当院では、誤飲した時間や飲み込んでしまったものの種類によって、催吐処置(吐かせる)を行います。吐かない場合や、出てこない場合は、内視鏡にて摘出をします。

消化器科でよく診る病気について

泌尿器科

泌尿器科

 血尿が出ている、おしっこが出ない、トイレにこもっているなどの原因に、膀胱炎や腎臓病が考えられます。 また、尿路結石症というおしっこに石ができやすい子も多くなっています。
 これらの原因として、緊急対応が必要なこともありますので、早めに受診をお願いいたします。食事管理の相談も受けております。

神経科

当院の歯科治療

 けいれん発作の治療や重積発作の緊急治療・対応を行います。
 重積発作とは、けいれん発作が10分以上続く状態を言います。長時間続く発作は、脳損傷を引き起こし、命を落とす危険もあります。
 けいれんの原因には、てんかん・脳炎・脳腫瘍・水頭症・内臓疾患・脳梗塞などがあり、原因により治療方針が異なります。 確定診断には、他院でのMRI検査が必要になりますが、その子の年齢や状態、ご家族様のご意向によっては、MRIの検査なしに治療を行うことも可能です。

耳鼻科

耳鼻科

 動物の耳は人間より複雑な構造をしていて、わんちゃんでは病気になりやすい器官の1つでもあります。 耳の病気は気づかず、病院に来たときに重症化しているケースもよく見られます。外耳炎の主因は異物、外傷、耳道内腫瘤などの他に、最近では食物アレルギーやアトピー性皮膚炎が多くなっています。
 日頃から状態、臭いをチェックしてあげることが大切です。

腫瘍科

去勢・避妊を行うタイミング

 動物の死因で1番多いのは腫瘍です。
 高齢な子に多くみられますが、若い子でも稀に若年生がんなどが見つかることもあります。私たちよりも寿命が短い動物たち。高齢な子の腫瘍治療をどう考えていくかは、ご家族様によって様々です。
 肥満細胞腫などの皮膚腫瘍や乳腺腫瘍の外科手術、抗がん剤によるリンパ腫治療、 血管肉腫など脾臓腫瘍、消化管腫瘍摘出など幅広く外科手術を行っています。

歯科

 わんちゃん・ねこちゃんの生活は「食べる」ことが基本ですから、長生きのためには健康な歯でいることが最も大切なポイントです。加齢にともなう歯周病の悪化などで、歯を失ってしまえば、全身のさまざまな部分に負担がかかるようになってしまいます。