ブログ

リンパの腫れがないかチェックしてみよう!

こんにちは、動物看護師の徳丸です(。・艸-。)

だんだん、寒くなってきましたね。
寒がりな私にとっては苦手な季節がやってきます?

今の季節は秋!!
今年の私の秋は、読書の秋!!
読書にはまっております。
ちなみに、ファンタジー小説にはまっています。読み始めたら続きが気になってしかたがありません( ´艸`)

私の話はこのくらいにして、わんちゃんとの日々のスキンシップで気がつけるものってないかなと考えました。

スキンシップをする際にチェックしてみて病気の早期発見をできたらいいなと思います?

わんちゃんの体には、体表リンパ節と言うものが存在します( ゚∀゚ )

リンパ節とは、リンパ液の流れる管(リンパ管)の集まった所で、体のあちこちにあります。内臓付近や体の表面にもあります。体の表面にあるものを体表リンパ節といいます。

内臓近くのものは触っても腫れに気がつくことはできませんが、体表にあるものは腫れたら気がつくことができるのでよかったらスキンシップの時にチェックしてみて下さい(。u艸u。)

?触って確認できるリンパ節

1下顎(かがく)リンパ節…首のあたり
2浅頸(せんけい)リンパ節…肩甲骨あたり
3腋窩(えきか)リンパ節…脇の下あたり
4鼠径(そけい)リンパ節…内股部付近あたり
5膝窩(しつか)リンパ節…膝の裏側あたり

1と5は、普段でもクニクニ触れることがあるが他のものは腫れてこないと触るのが難しいです?

腫れの原因には一番嫌なのは腫瘍、その他細菌感染、ウイルス感染、寄生虫感染等でも腫れがでてきます。

なぜ、腫れているかは病院で確認してもらいましょう♪

室見動物病院

TAGタグ