ブログ

動物用尿化学分析装置導入しました

こんにちは

すっかり朝晩は冷え込むようになってきました☃️

咳や心臓病の子達は気をつける季節ですね

さて、先日イヌネコ用尿化学分析装置を導入しました✨

これまで当院では人体用の試薬を用いていましたので多少の誤差が生じていました。。。

また、看護師が目視で色調表を元に判定していましたので客観性にかけるものでした。。。

そこで、最近の膀胱炎、腎不全の外来の多さと従来の検査精度を考え導入を決定しました?

今回の導入で何が変わるかと言うと

・UPC(尿タンパク/クレアチニン比)が測定可能になりました!

これまで外部の検査機関に依頼してましたので、結果まで数日かかりましたが院内で済むようになりました

これにより、腎不全の治療開始時期や投薬の見直しなどがスムーズに行えるようになります

・動物用の試薬と測定器なのでデータに信憑性がもてます

・自動測定なので誰が作業しても数値に差が出ません。

これから寒さが増すと猫ちゃんの膀胱炎が多くなります?

排尿障害がみられたらすぐに連れてきてください

室見動物病院

TAGタグ