ブログ

寄生虫予防で楽しいお散歩を!

みなさんこんにちは(*’U`*)?
だんだん暖かくなり春が近づいてきました?

桜もきれいに咲いていますね(*’U`*)

春になると外にお出かけきたくなりますね(●*’v`*人).o0
公園にお花見行ったり山や草原でお散歩したり…

だがしかし‼︎‼︎
公園や山や草原にはわんちゃんにとって危険が潜んでいるのです!
どんな危険が潜んでいるのかご紹介したいと思います!

まずはノミとダニです。
ノミはわんちゃんに寄生して吸血します。
それにより強い痒みが出たりノミの唾液成分に過敏に反応して

アレルギー反応が出たりします。
またノミは瓜実条虫という寄生虫を媒介します。

また、ダニもわんちゃんに寄生し吸血します。
こちらもまたダニの唾液成分によるアレルギーが出ます。
あと、バベシア症という赤血球を破壊する病気を移してしまうこともあります。
そして人にも影響が出ます。
近年話題になっているSFTS(重症熱性血小板減少症候群)の危険性もあります。
このSFTSは今現在国内で100件以上報告されています。

そんな怖いノミやダニからわんちゃんさらには私たち人を守るために大切なのは予防です‼︎
ノミ・ダニの予防は当院では2タイプのお薬をご用意しております。

?スポットタイプ?
直接皮膚に滴下するお薬です。
皮脂腺を伝わって全身に広がります。
ノミの成長も阻害します。

?飲むタイプ?
口から飲むお薬です。
スポットタイプより効果が出るのが早いです。
予防後シャンプーしても大丈夫です。

飼い主様、わんちゃんの負担にならない方をお選びいただいております。

次にご紹介するのはおなかに寄生する虫です。
回虫、鉤虫、鞭虫などの寄生虫です。
他のわんちゃんのおしりを嗅いだり
うんちの匂いを嗅いだりすることによって感染します。
これらの虫に感染してしまうと元気がなくなったり下痢をしてしまいます。
さらに‼︎これらの虫は人にもうつってしまう事もあるのです‼︎

そしてもう1つ蚊によって感染するフィラリア症です。
フィラリア症に感染しますと成虫が心臓に寄生し呼吸がしずらかったり

腹水が溜まったり死亡してしまうとても危険な病気です。

フィラリア症については以前のブログにも詳しく書いてありますので
そちらもご参考に…

そんな恐ろしいおなかの寄生虫とフィラリアの幼虫ミクロフィラリアを駆虫してくれるお薬があります。
ミルベマイシンというお薬で当院では錠剤と粉両方ご用意しております。

予防薬と駆虫薬を使って様々な寄生虫から大切なわんちゃんを守り

楽しい春のお散歩に出かけてみてはいかがでしょうか???

詳しくは当院へおたずねください!!

ノミ・ダニ・フィラリア・消化管内寄生虫の事なら福岡市の室見動物病院まで

室見動物病院

TAGタグ