ブログ

柴犬がなりやすい病気

こんにちは、動物看護師の藤林です。

食べ物が美味しい季節になりましたね。?

今回は柴犬がなりやすい病気についていくつか挙げていきたいと思います。

◎アトピー性皮膚炎

柴犬は皮膚に関する病気が多いです。?

アトピー性皮膚炎は、食べ物やダニ、ハウスダストなどが原因で皮膚の痒み、脱毛などの症状が出ます。

ドライフード、おやつの中にはアレルギーの原因になるものが入っていたりします。皮膚の赤みが引かない痒みが収まらないことがある場合は、一度検査をお願いします。

◎外耳炎

外耳炎はアトピー性皮膚炎によって引き起こすこともあります!

もちろん湿気など皮膚炎以外のことが原因で外耳炎になってしまうこともあります。耳を搔いている、耳から嫌な臭いがする事があれば一度来院をお願いします。

◎認知症

日本犬は認知症になりやすい犬種です。年を取るにつれその症状は出てきて、昼夜逆転してしまう、欲求吠え、夜鳴きといった症状があります。

寝ていることが多くなる為日中はなるべく起こして日を浴びさせて下さい。予防として、日頃から脳を刺激することが予防に繋がるとされています。

◎白内障

白内障の主な原因は老化によるものですが糖尿病が原因でなることもあります。

白内障が進行すことで視力も段々と落ちていきます。

?柴犬は体が丈夫なイメージがありますがその子その子によって罹ってしまう病気があります。

 どれも早期の発見が大事です。いつもと様子が違う事があれば早めの受診をお願いします。

室見動物病院

TAGタグ