ブログ

総合栄養食(高タンパク質・低炭水化物)フードのご紹介

こんにちは、動物看護師の徳丸です(◇’v`bd*)

暑い日が続いていますね?

みなさん夏バテせずに元気にお過ごしでしょうか❔

私は、暑さに負けず過ごせていますo(^▽^)o

先日、久しぶりに院内でセミナーが行われました。

コロナ禍なのでソーシャルディスタンスを保ちながら、みんなでフードの勉強をしました♪

なので、フードの紹介をしたいと思います?

最近、食べてるフードの食いつきがよくないことはありませんか❔

おいしいわんちゃんねこちゃんのフードありますよ?

ビルバックの「VETERINARY HPM」総合栄養食のご紹介をしたいと思います。

商品ラインアップ

?わんちゃん用商品

未避妊・未去勢のわんちゃん

?アダルト(10ヶ月齢以上)、シニア(10歳以上)

避妊・去勢後、体重が増加しがちなわんちゃん

?アダルトニュータード(10ヶ月齢以上)、シニアニュータード(10歳以上)

?ねこちゃん用商品

1歳以上のすべてのねこちゃん

?サーモンテイスト

避妊・去勢後、体重が増加しがちなねこちゃん

?アダルトニュータード(1歳以上)、シニアニュータード(10歳以上)

わんちゃん・ねこちゃん共に2kgサイズです。

VETERINARY HPMフードの特徴

それは高タンパク質・低炭水化物のフードということ

なぜ、高タンパク質・低炭水化物なのか❔

それは、肉食動物としての本来の食性にこだわったフードだから。

わんちゃんは、雑食性肉食動物。ねこちゃんは、完全肉食動物です。

VETERINARY HPMの健康的な10のメリット

1.体重サポート

高タンパク質なので筋肉量を維持してくれます。満腹感をサポート。

2.尿量サポート

高タンパク質は飲水量を増加させてくれます。そのため、尿石リスクが軽減されます。

健康的なpHを保ってくれます。

3.関節・筋肉サポート

高タンパク質なので筋肉量を維持してくれます。シニア用ではコンドロフレックスの成分配合。

4.腎機能サポート

腎臓に悪いリンの含有量に配慮。

5.消化機能アシスト

本来の食性に配慮した栄養バランスで健康な消化機能をサポートしてくれます。

6.8種のたんぱく源不使用

グルテン、小麦、トウモロコシ、大豆、牛、卵、羊、乳製品を不使用。

7.スキンコートケア

健康な皮膚・被毛のために必要な脂肪酸を適切なバランスで配合。

8.低糖バランス

糖質の摂取量がコントロールされています。

9.免疫サポート

適切なアミノ酸バランスを含む高品質なたんぱく質配合して健康維持、動物の免疫をサポート。

10.オーラルケア

噛むことにより、歯垢の沈着を軽減。

猫、アスコルビン酸ナトリウム含有。犬ポリリン酸ナトリウム含有。

注文方法

スマホやパソコンから注文し、ご自宅に直送。

病院に取りに来る必要がありません。

注文ご案内パンフレット、ご用意しておりますので気になる方はスタッフにお声掛けください(。・ω・。)ノ

室見動物病院

TAGタグ