ブログ

診察を受けるときのアドバイス

こんにちは、動物看護師の益田です。

5月に入って日差しもだいぶ強くなってきましたね!

だんだん暑くなってきますが暑さに負けないように頑張りましょう?

さて、病院へ来院されてわんちゃんねこちゃんに変わって症状を伝えるとき

難しいと感じたことはありませんか?

てんかんのような発作があった、咳をしている、足を痛がっているなど症状は様々ですが、

そんなとき、動画を撮っておくとスムーズに伝えることが出来ます!

病院へ来ると診察室では緊張のあまり我慢してしまい症状を見せない子がほとんどなのです汗

苦しんでいる姿を撮影するのは可哀想で気が引けてしまうかもしれませんが写真や動画に残すことで

変化に気付いたり、早期治療の手がかりになるかもしれません?

その他にも、持参をするという方法もあります✨

下痢をしている、血尿が出ているなどの症状がある場合、新鮮な便や尿を持参して頂くと

状態を早く確認できて検査をすることが出来ます。

誤食をしてしまった場合はすぐに電話で相談の上、食べてしまったものと同じものや、成分表などわかるものを

お持ちいただくと良いですよ?

もし少しの事でも不安なことなどありましたらぜひご相談ください!

室見動物病院

TAGタグ