ブログ

高齢になってきたネコちゃんからのサイン

こんにちは、看護師の冨永です?
ここ何日間か急激に寒くなりましたが、皆様体調を崩してはいませんか(>_<)?

先週、徳丸さんがワンちゃんの老化についてお話をしていたので

今週は私がネコちゃんの老化についてお話させていただきます!

皆様のおうちのネコちゃんは、今何歳くらいですか?
外見は若く見えても実際の年齢は高齢になってきていませんか??
ネコちゃんは11歳で、人でいう60歳になります!
13、14歳になると、もう高齢です

そんなネコちゃんたち…
若いときとは違う、行動の変化があるのではないでしょうか?

☆寝る場所が変わった
反応が鈍くなってしまったため、何かがあったときにとっさに守りに入ることができる

安全な場所を選ぶようです。また、人と同じように高齢になると体温調節も難しくなってしまいます。

寝ている場所の温度は快適かどうかしっかり見ていてください!

☆寝る時間が多くなった
ネコちゃんが寝てる時間が多くなってしまい、スキンシップをとる時間が

ほとんどなくなってはいませんか?どんなに年を取ってしまってもネコちゃんにも愛情は必要です。
側を通るときに声をかけたり、ちょっと身体に触るだけでもいいので、ネコちゃんに構ってあげる時間を作ってください!

☆行動がゆっくりになり、反応が鈍くなった
身体を動かすのがおっくうになったり、好奇心が少なくなったことも関係しているようです。
遅い~!とイライラするのではなく、何を考えているのか

ネコちゃんのキモチになり少し待ってあげてください?

☆若いときに食べなかったものを欲しがるようになった
嗜好性が変わることがあるそうです。
ネコちゃんも食べてはいけないものもあるので気をつけてください!

皆様のおうちのネコちゃんは、このようなことはありませんか?
あれ?今までと少し違うな?と飼い主の皆様が思ったことが「私も年を取ったよ~」という

ネコちゃんからのサインかもしれません。

高齢のネコちゃんは病気を発症する可能性が高くなってきます。

何か異変を感じたら病院への受診をお願いします!!

ねこちゃんの行動変化、老年病のことなら福岡市の室見動物病院まで

室見動物病院

TAGタグ